口座
開設

ファンド検索

カート
欲しいものリスト
お気に入り0/20件)
対象ファンド: 
キーワード:
選択中の条件詳細
資産運用トップ
検索トップに戻る

期待リターン(縦軸)
推定リスク(横軸)
 %
 %
<
>

お電話でのお問い合わせやお取引

0120-405-606

平日8:30~18:00

リスクレベル

各ファンドにはそれぞれ固有のリスクレベルがあり、お客様の投資方針等に合致しないファンドもございます。ファンドのご購入に際しては、リスクレベルの表記内容をご確認の上、投資判断はお客様の責任においてなさいますようお願い申し上げます。なお各ファンドのリスク内容や費用項目については、投資信託説明書をご覧ください。

各リスクレベルの内容説明

 

高いリスクをとることにより、投資元本の大きな成長を目指すレベルです。十分な投資経験、投資知識をお持ちで、投資元本の安定性よりも積極的なリターン追及を重視する方、あるいはそうした余裕資金を充てることのできる方で、この資産のほかにも十分な金融資産を保有している方に適しています。

 

比較的高めのリスクをとることにより、投資元本の成長を目指すレベルです。余裕資金での積極的な運用を重視される方、投資経験、投資知識が豊富で、この資産の他にも十分な金融資産を保有している方に適しています。

 

中程度のリスクをとることにより、大きな価格変動を回避しながら投資元本の成長を目指すレベルです。相場変動等により投資原本の安定性が損なわれる可能性はやや高くなりますが、それに応じたリターンを期待したい方、またそうした余裕資金を充てることのできる方に適しています。

 

安定運用を図りながらも、若干のリスクをとることによってある程度の収益性も期待するレベルです。投資原本の安定性は重視するものの、比較的低目のリスクであればこれをとることによってある程度の利益も期待したいという方に適しています。

 

投資方針として安定運用を第一義的に掲げており、大きな損失が生じる可能性は低いものの、大きな収益を期待することもできません。投資原本の安定性を重視される方を始めとして、多くの方に適していると言えます。

リスクレベルの分類(値)は、クォンツ・リサーチ株式会社、NRI(株式会社野村総合研究所)から提供されているデータを基にフィデリティ証券にて決定しています。

リスクレベルの算出にあたっては過去3年間の基準価額データを基に算出されます。

基準価額のデータが3年に満たない場合は、3年間に不足する部分を対象として、NRIファンドマーク分類を基にクォンツ・リサーチ株式会社が算出したインデックスで代替します。

また、新規設定ファンドについては、当社が代替インデックスを指定し、そのデータを基にリスクレベルを算出します。

リスクレベルの算定は、四半期毎、3月末、6月末、9月末、12月末まで(各月最終営業日)の基準価額を元に行い、翌月初旬に更新されます。

各ファンドのリスクレベルは、過去の一定期間のデータを元に分析されたものであり、ファンドの今後のリスクレベルや運用成果等を保証するものではありません。

モーニングスターレーティング

モーニングスターレーティングとは、モーニングスター株式会社が公表しているファンドのレーティング情報で、同じタイプのファンドのパフォーマンスを比較することを目的として、過去3年間、5年間、10年間のファンドのリスク調整後パフォーマンスを加味した総合レーティングが、モーニングスターカテゴリー(小分類)内のファンド群の中で相対的にどのランクに位置するかを星印で示したものです。1つ星から5つ星まで5段階のランクがあり、星の数が多いほど過去の運用成績が良かったことを示しています。

リスクレベル

各ファンドにはそれぞれ固有のリスクレベルがあり、お客様の投資方針等に合致しないファンドもございます。

ファンドのご購入に際しては、リスクレベルの表記内容をご確認の上、投資判断はお客様自身の責任においてなさいますようお願い申し上げます。

なお各ファンドのリスク内容や費用項目については、投資信託説明書をご覧ください。


リスクレベル

●●●●●


内容

高いリスクをとることにより、投資元本の大きな成長を目指すレベルです。十分な投資経験、投資知識をお持ちで、投資元本の安定性よりも積極的なリターン追及を重視する方、あるいはそうした余裕資金を充てることのできる方で、この資産のほかにも十分な金融資産を保有している方に適しています。


リスクレベル

●●●●


内容

比較的高めのリスクをとることにより、投資元本の成長を目指すレベルです。余裕資金での積極的な運用を重視される方、投資経験、投資知識が豊富で、この資産のほかにも十分な金融資産を保有している方に適しています。


リスクレベル

●●●


内容

中程度のリスクをとることにより、大きな価格変動を回避しながら投資元本の成長を目指すレベルです。

相場変動等により投資元本の安定性が損なわれる可能性はやや高くなりますが、それに応じたリターンを期待したい方、またそうした余裕資金を充てることのできる方に適してます。


リスクレベル

●●


内容

安定運用を図りながらも、若干のリスクをとることによってある程度の収益性も期待するレベルです。

投資元本の安定性は重視するものの、比較的低目のリスクであればこれをとることによってある程度の収益性も期待したいという方に適しています。


リスクレベル


内容

投資方針として安定運用を第一義的に掲げており、大きな損失が生じる可能性は低いものの、大きな収益を期待することもできません。

投資元本の安定性を重視される方を始めとして、多くの方に適していると言えます。


リスクレベルの分類(値)はクォンツ・リサーチ株式会社、NRI(株式会社野村総合研究所)から提供されているデータを基にフィデリティ証券にて決定しています。

リスクレベルの算出にあたっては過去3年間の基準価額データを基に算出されます。基準価額のデータが3年に満たない場合は、3年間に不足する部分を対象として、NRIファンドマーク分類を元にクォンツ・リサーチ株式会社が算出したインデックスで代替します。また、新規設定ファンドについては、当社が代替インデックスを指定し、そのデータを基にリスクレベルを算出します。

リスクレベルの算定は、四半期毎、3月末、6月末、9月末、12月末まで(各月最終営業日)の基準価額を元に行い、翌日初旬に更新されます。

各ファンドのリスクレベルは、過去の一定期間のデータを基に分析されたものであり、ファンドの今後のリスクレベルや運用成果等を保証するものではありません。

運用管理費用

運用管理費用(信託報酬)とは、投資信託の運用・管理の対価として投資信託財産から支払われる費用のことで、純資産総額に対する年率で表示

されます。ファンド・オブ・ファンズ等の場合には、投資した先の投資信託でも運用管理費用(信託報酬)がかかりますので、そこまでの費用も含めて
「実質的な信託報酬率」といいます。

当社ではこの実質的な信託報酬率をもとに5段階表示しています。


  • ~0.5%未満
  • 0.5%以上~1.0%未満
  • 1.0%以上~1.5%未満
  • 1.5%以上~2.0%未満
  • 2.0%以上

リターン(1年) 順位

リターンとは


分析対象期間において、各ファンドの直近の基準価額が計算開始日の基準価額に対して、どの程度上昇しているかを計算した値となります。ファンドの分配金が発生していた場合は、その分配金を再投資したものとみなして計算します。


リターン順位とは


分析対象期間中における各ファンドのリターンが、モーニングスター社のファンド小分類中で上から何番目かを表しています。


また、順位とともに表示している%の値は「%ランク(パーセンタイルランク)」と言い、同じ小分類中で上位何%に位置するかを示したものです。順位表示のみの場合に生じ得る、小分類に含まれるファンド数の違いによる誤認を防ぐために併記しています。


なお、順位表示にある分母のファンド本数は、当社における取り扱いファンドのみならず、モーニングスター社のファンド小分類に含まれているファンドの総数であり、国内の公募株式投資信託のほぼすべてが含まれます。

リスクの大きさ(1年)順位

リスクとは


分析対象期間における各ファンドの値動きのぶれ=リターンのばらつき具合を表した統計上の数値で、標準偏差とも言います。一般にリスク(標準偏差)が大きいファンドほど値動きが激しく、リスク(標準偏差)が小さいファンドほど値動きが穏やかなファンドといえます。


リスクの大きさ順位とは


モーニングスター社のファンド小分類において、分析対象期間中における各ファンドのリスクが大きさいものから順に、フィデリティ証券にて並び替えたものを表示しています。(順位が高いほど、同分類中でリスクが高かったことを意味します。)


また、順位とともに表示している%の値は「%ランク(パーセンタイルランク)」と言い、同じ小分類中で、「リスクの大きさ」の順位が大きいほうから数えて何%に位置するかをフィデリティ証券にて計算した値となります。順位表示のみの場合に生じ得る、小分類に含まれるファンド数の違いによる誤認を防ぐために併記しています。


なお、順位表示にある分母のファンド本数は、当社における取り扱いファンドのみならず、モーニングスター社のファンド小分類に含まれているファンドの総数であり、国内の公募株式投資信託のほぼすべてが含まれます。

シャープレシオ(1年) 順位

シャープレシオとは


分析対象期間においてリスクに見合ったリターンが得られているかを表わした指標です。シャープレシオが大きいほど、ファンドのとったリスクに対してリターンが大きい、つまり効率よくリターンを上げている、運用効率がよいと判断されます。ただし、リターンがマイナスの場合、同じリターンであればリスクが大きいほどシャープレシオの値は大きくなるため、注意が必要です。また、シャープレシオは投資対象により大きく変化する可能性がありますので、できる限り投資対象が同一のファンド間で比較する必要があります。


シャープレシオ=(ポートフォリオの年率換算後の(平均)リターン-安全資産利子率)÷標準偏差(リスク)


シャープレシオ順位とは


分析対象期間中における各ファンドのシャープレシオが、モーニングスター社のファンド小分類中で、上から何番目かを表しています。


また、順位とともに表示している%の値は「%ランク(パーセンタイルランク)」と言い、同じ小分類中で上位何%に位置するかを示すものです。 順位表示のみの場合に生じ得る、小分類に含まれるファンド数の違いによる誤認を防ぐために併記しています。


なお、順位表示にある分母のファンド本数は、当社における取り扱いファンドのみならず、モーニングスター社のファンド小分類に含まれているファンドの総数であり、国内の公募株式投資信託のほぼすべてが含まれます。